2017年03月23日

『修証義』 第19節


「しゅしょうぎ」は、道元禅師(1200−1253)のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめて、仏さまの教えを優しく解説しています。皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文形の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業は私のライフワークになりつつあります。私の等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いです。

【現代語訳】
菩提心を心に抱いたなら、たとえ子供であっても善き教師です。お釈迦様と同じ人類の師です。年齢や性別で差別をしてはいけません。ただ菩提心を起こしているか否かの区別があるだけです。これは仏教の大原則です。

【ミニ法話】
菩提心とは、自分の利益よりも人の利益を優先するということです。自分の楽しみや喜びは、ひとまず後回しにして、人の楽しみや喜びのために努力することを言います。この心を持った人なら、その人は私たちを幸せへと導いてくれる尊い人です。子供だから、弱いから、愚かだから、と言って決して軽んじてはいけません。菩提心を持つとは、それほど重大なことなのです。「区別」はあっても「差別」を決して許さないのが仏教です。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 10:05| Comment(0) | 現代語訳『修証義』

2017年03月04日

幸せになる方法

3日のNHKニュースの特集に「都会最後の靴磨き 真心を込め」という記事が掲載されました。東京新橋駅の路上に座り、45年間靴を磨き続けている女性(85歳)の話です。早くにご主人に先立たれ、一人で子供5人を育て上げました。並々ならぬ覚悟と言葉では言い表せないほどの苦労がありました。今でも現役で、朝10時から夜7時まで座り続けています。夏は日射しが強く、冬は寒風吹き抜ける場所で、お客は一人だけという日もあります。それでも「お母さん」と慕ってやって来る常連客もいます。仕事がうまく行かないと愚痴をこぼす人、恋愛がうまく行かないと涙を見せる人。多くの人の人生を見て来ました。その度に女性は「そうだね、そうだね」と優しくうなづきます。記事は、女性の次の言葉で終わっていました。

「私を必要としてくれるお客がいる限り、死ぬまでここに座っていたいの。私の名前は、幸子。人に幸せになって欲しい、って願いが込められていてね、それが私の幸せでもあるのよ」

私はこの言葉にとても、とても感動しました。それは、この女性が、宗教が説く真理を見事に体現しているからです。それも、お寺や教会で僧侶や神父様たちが説くよりも、はるかに大きな説得力を持ってです。真理は説きます。

「人生で大切なのは、何をするかではなく、どれほど人に必要とされるかです。そして、どれほど人を幸せにできるかです。それが結局は、あなた自身の幸せにつながるのです」

人の人生は様々です。自分をさげすむ必要もなければ、反対に威張ったりする必要もありません。お婆さんが教えてくれた二つの事を胸に秘めて黙々と生活できれば、ただそれだけで人は幸せになれるのです。本当にそれだけで。

posted by むしょうさん at 10:18| Comment(0) | 人生相談