2017年06月29日

『修証義』 第21節

「しゅしょうぎ」は、道元禅師(1200−1253)のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめ、仏さまの教えを易しく解説しています。皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業は私のライフワークになりつつあります。私の等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いです。

【現代語訳】
人を喜ばせ、幸せにする方法に四つあります。@布施(ふせ) A愛語(あいご) B利行(りぎょう) C同事(どうじ)です。これらは、お釈迦さまの智慧であり、利他を誓った私たちの約束でもあります。布施とは、物でも心でも惜しみなく人に与えることです。別の言い方をすれば、「欲しがらない」ということでもあります。本来、物も心も実体はありません。すべては因縁によって生じ、因縁によって消滅するだけで、一定ではなく常に変化しています。ですから「私の物」「私の心」といった固定した存在はありません。そうしたものに執着する必要はないのです。また、与えるものの価値は問題ではありません。人を喜ばせ幸せにしたいという思いがあれば、それで良いのです。たった一語の言葉でも、ひとつまみの草でも構いません。見返りを求めずに、あなたが与えられるものを与えることです。商売にはお金が付きものです。しかし自分が生きる糧以上に欲しがらず、人を思いやる心があるなら、商売もまた立派な布施と言えるのです。

【ミニ法話】
 布施(ふせ)は仏道修行の根本です。修行ができているかどうかは、布施ができているかどうかです。惜しみなく人に与えるには、なるべく持ちものを持たず、身の回りを質素にしておくことです。全部投げ捨てて、すっからかんな人は、物に執着することがないので、惜しむことなく与えることができます。反対に持ちものが多い人ほど執着心が強いので、与えることが難しくなります。
 私は、これまで色々なものを捨てて来ましたが、現に「住職心得」という地位を持っています。いずれは「住職」という地位を持つことになります。これは、信者様がその肩書を信頼してくださるという意味では役に立ちますが、それ以外では、私の執着心を増長させる危険なものです。俗世間に生きて、当たり前のようにお金や物や地位に囲まれて生活する人々が執着心を捨てることは難しく、よほどの自覚がなければ布施もまた難しくなります。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 07:21| Comment(0) | 現代語訳『修証義』

2017年06月25日

問い:追善供養って何ですか?

答え:故人が成仏できるように応援することです。

人が亡くなるとお葬式をします。お葬式とは、故人を仏様の弟子にする儀式です。弟子になって初めて、修行して自分自身も仏になる資格を得るのです。お葬式によって、故人は仏になる(成仏する)資格を得ますが、まだ成仏したわけではありません。これから四十九日間をかけて修行(善い行いを)するのです。しかし修行したからといって必ず成仏できるとは限りません。生前、悪い行いが多かった人は、死後も苦の報いを受けることになります。生前の悪行が死後の善行を上回っている時には、閻魔さまの判断で四十九日目に地獄に連行されることもあります。成仏はさせてもらえず、再びこの世に戻されることもあります。

人は誰でも例外なく悪い行い、すなわち命あるものを殺し、嘘を言い、怒りで人を傷つけています。人は一生のうちに数え切れないほどの悪い行いをしているのです。だからこそ、成仏するためには、生前の悪行を上回る善行を積まなければならないというわけです。しかし、故人の修行(善行)だけでは足りないかもしれません。そこで故人の善行に、遺族の善行を追加して、何としても故人に成仏していただくという供養の方法が生まれました。それが追善供養です。「追加の善行」ですから「追善」と言うのです。

では、遺族の善行とは何でしょうか。「故人が成仏できますように」と祈ることだけではありません。もっと現実的な善行です。故人とは無関係でもいいのです。笑顔で人に「おはよう」と挨拶したり、お母さんの家事を手伝ったり、友達の悩みを聞いてあげたりです。自分以外の人が喜んでくれることなら何でも良いのです。あなたが行なった善行の功徳は、故人の成仏を助けることになります。

49日間は意識して善いことをするように、人を喜ばせるようにします。追善供養は、故人を成仏させることの他にもう一つ効果があります。それは、大切な人を亡くしたあなたの悲しみを癒やすことです。仏様は言います。「心の痛みを消し去る方法はただ一つ。人を幸せにすることである」と。故人の成仏を助け、あなたの心の痛みも癒やす、この一石二鳥とも言える功徳を持つのが追善供養なのです。

posted by むしょうさん at 09:56| Comment(0) | 人生相談

2017年06月19日

ツイッター始めました

正雲寺のこと、プライベートなことなどをツイートします。ホームページやブログとは違って、もっともっと気楽な感じでつぶやいていきます。昨日始めたばかりです。ぜひぜひフォローをお願いします!
https://twitter.com/mushosan


posted by むしょうさん at 08:42| Comment(0) | お知らせ

2017年06月17日

自慢しない!悪口言わない!


人は誰でも心の奥底に自己中心性を持っています。エゴと呼ばれるものです。仏教では末那識(まなしき)と言ったりします。このエゴが時々悪さをします。

人に自慢話をすること。「どう?私ってすごいでしょ?」と言われて、心から素直に「うん、すごいね」と答えられる人は多くありません。大抵の人は心の中で「自慢なんかして、嫌な感じ」と思っています。なぜ多くの人が嫌がるようなことを言うのでしょうか。答えは簡単。自慢話をする人は、多くの人が嫌がっているという事実を認めたがらないからです。本当は、自分も、人の自慢話を聞くのは嫌なはずなのに…。分かっているのに事実を認めない。それだけエゴが強いのです。

人の悪口を言うこと。良くないことだと分かっているのに、悪口を言ったり批判したりします。それが嬉しいからです。悪口を言う人も、それを聞く人も「自分はもっとマシな人間だ」とどこかで思っています。自分が優位に立ったような気持ちになります。自分も誰かに悪口を言われているという事実は認めようとしません。これもエゴが強いからです。

こういうことを繰り返していると、人間関係は表面的な付き合いだけになってしまいます。どこにも信頼関係は生まれません。自慢話はしない。人の悪口は言わない。簡単に出来そうなのに、なかなか出来ないのは、あなたのエゴが強すぎるからです。エゴは恐ろしいです。自分の人生だけでなく、人の人生まで破壊します。自慢しそうになったら、悪口を言いそうになったら、すぐに口にチャックをしましょう。それは、あなたがエゴの暴走を一所懸命に食い止めている証拠です。そういう努力をする人は、他人のことを大切に思っている人です。そいう人は、他人からも大切にされます。そこから信頼関係や愛が育っていくのです。

posted by むしょうさん at 07:57| Comment(0) | 人生相談

2017年06月12日

正雲寺のカエルたち

G0000465.jpg

正雲寺のアオガエルたちは、今年も元気に活動再開です。「きれいな姿だな〜」って思います。お寺は殺生禁止の聖域ですから、彼らものびのびと生活しているんでしょうね。これから夏に向けて、多くの野生動物たちが集まってくることでしょう。楽しみです。写真をクリックして拡大して見てくださいね。

posted by むしょうさん at 08:27| Comment(0) | 日記