2017年07月10日

問い: 信頼していた人に裏切られました

答え: あなたのターニングポイントです。慎重に考えて下さい。

人が人を裏切る時にはどんな事情があるでしょうか。考えられることは二つです。 まず第一に、相手の方があなたとの関係よりも自分の利益を優先した場合です。程度の差こそあれ、人は誰でもエゴ(自己中心性)を持っています。人のことよりも自分のことを先に考えようとする悪い習性です。智慧のある人はエゴを上手にコントロールして、人にも自分にも嫌な思いをさせないようにバランスをとっていますが、愚かな人は、人に嫌な思いをさせてもそれに気づかないか、もしくは気にしません。目の前の利益に心奪われ、「人は人を大切にすることで幸せを得る」という事実を見落としてしまうのです。このような人に対しては、あなたがその行為を許すことで、その人が放つ悪い波動の支配から脱出するしかありません。相手に「私が嫌な思いをしないように、あなたが変わってください」と要求しても、聞き入れられることはまずありません。「裏切られた。嫌な思いをさせられた」と思い続けることは、いつまでも相手の支配下にあるようなもので、あなたは貴重な時間を浪費して損をするばかりです。あなたが許せば、その瞬間に相手の支配から抜け出て、自分を取り戻すことができます。許しはしますが、以後は明確に距離を置くことです。信頼に足る人ではないからです。相手が改心しない限り、元に戻ることはありません。

第二に、人に裏切られるような原因をあなたが作っていた場合です。人が人を裏切るというのは余程のことです。本来、人間は協調する生き物です。それに反するからには相応の理由があると思わねばなりません。あなたは気付いていませんが、もう何ヶ月も何年も何十年も、相手の心を傷付けていたのです。あなたは信頼していたのかもしれませんが、相手はあなたに積年の怨みがあるのです。まるで喜劇のようです。あなたは、自分に原因があることも知らずに、相手の裏切り行為をなじっています。そのようなことをしていると、やがて、家族も友人もあなたから去り、最期は一人ぼっちになってしまいます。あなたに必要なのは「自分の悪い部分を分析する努力」と「過ちを素直に認め、頭を下げて謝る勇気」です。普段、自分は悪くないと思っている人は、自己弁護が巧みです。口数が多いのも特徴です。分析する力を養うためには、まず多弁をやめることです。相手の言動にすぐに反応しないこと。その場は「少し考えさせて下さい」と言ってやり過ごします。よく考えた上で、反応すべきは反応し、そうでないものは忘れてしまうことです。

人はいつでもやり直すことができます。自分に問題があると分ったら、ドラマチックに変わることです。人は誰でも「お互い様」です。過ちを認めて素直に謝る人を見ると、誰でも許したい気持ちになります。自分にも身に覚えがあるからです。協調は人間関係の自然な姿です。誰もが協調を望んでいます。わざわざ自分だけ孤立するような生き方を選ぶ必要はありません。

ーーーーーーーーーーーーーー
先日、電話相談をされた女性へ
不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。わざわざお電話をくださったのに、お話を最後までお聴きすることができませんでした。失礼を深くお詫びします。電話の冒頭で「同僚に裏切られた」というお話をされておられましたので、わたくしの思うところを書かせていただきました。何かのお役に立てば幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーー

ご相談は、
メール: mushou@shounji.or.jp
LINE ID: mushosan
ご連絡の際「ブログ記事〇〇を見た」と
書き添えていただけると幸いです。

posted by むしょうさん at 09:03| Comment(0) | 人生相談