2018年02月16日

問い:マイナスの感情を消し去るには?

答え:心の中にいくつも引き出しを持ちましょう。

人には誰にも言えない感情があります。自分を幸せにする感情なら良いですが、悲しみ、怒り、恨みといったマイナスの感情は厄介です。放っておくと心も体もむしばまれてしまいます。人はこのマイナスの感情によって、人生を左右するような大事な決断をしてしまうことがあります。勢いで会社に辞表をて叩きつけたり、勢いで言ってはならない言葉を吐いたり、勢いで自死を選ぶことがあります。後悔してもすでに手遅れです。マイナスの感情は、人の正気を失わせ、人生を狂わせるほど激しく強いのです。

こうしたマイナスの感情を心の中から消し去りたいと思うのは当然です。「楽になりたい」という願いと、「このままでは自分は過ちを犯しかねない」という危機感がそうさせるのでしょう。多くの人がこの思いを抱いています。ところが現実には、「消したくても消せない」ままずっと苦しみ続けます。

マインドフルネスは古くからマイナスの感情を消し去る方法として実践されてきました。正しい精神集中によって、起きている現象の中にある真実を観察し思考の転換を図る努力です。仏教でも「正念」と呼んで大切にしています。これができる方はそれでいいのですが、多くの方は漫然としてただ悩み続けます。私はそうした方々に「心の中にいくつも引き出しを持ちましょう」とお答えしています。

消し去れないのなら、ひとまず持っておくしかありません。心の中の「苦しみ」と書かれた引き出しにしまっておいてください。それでも苦しいのは、あなたが引き出しを一個しか持っていないからです。一個しか持っていないから、頻繁に引き出しを開けて中を覗いてしまうのです。もしこれが、いくつも引き出しを持っていたらどうでしょう。一つの引き出しには「私の夢のため」と書かれています。また別の引き出しには「愛する人のため」と書かれています。そして一番大きな引き出しには「乗り越えたこと」と書きましょう。

マイナスの感情を引き出しにしまっておくということは、黙って耐えるということに他なりません。多くの人は耐えることが嫌いです。もっとほかの方法はないかといつも探し回っています。しかしどこにもありません。ブッダは「忍耐は、苦行の中の苦行。耐える者は常に勝利者である」と語っています。

あなたは、耐えている間は一触即発の状態にあります。まるで爆弾です。誰かが言った他愛のない言葉が導火線に火をつけることもあります。とても危険な状態です。ですから、人里離れた場所で一人静かにしていてください。それができないなら、黙っていましょう。もし口を開けば、悪言が飛び出すからです。これは正しく苦行です。その時に別の引き出しを持っていれば、この苦行を乗り越えることができます。今の苦行は、私の夢のため、そして愛する人のためなのです。

この苦行を繰り返すうちに、「乗り越えたこと」と書かれた引き出しは、「乗り越えたこと」でいっぱいになっていきます。いつしかマイナスの感情をコントロールする術が身についています。思い通りにコントロールできるということは、決して振り回されないということ、支配されないということです。そしてこれは、心の中からマイナスの感情を消し去ったも同じなのです。

時々「乗り越えたこと」と書かれた引き出しの中を覗いてみましょう。フォルダーの厚みは今どれくらいですか。1センチですか。それとも2センチですか。フォルダーの厚みはそのままあなたの苦歴です。学歴や職歴などとは比較にならないほど、人生に深みと輝き与えてくれることでしょう。

posted by むしょうさん at 11:58| Comment(0) | 人生相談

2018年02月06日

『修証義』 第25節

「しゅしょうぎ」は、道元禅師(1200−1253)のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめ、仏さまの教えを易しく解説しています。皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業は私のライフワークになりつつあります。私の等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いです。

【現代語訳】
以上の布施・愛語・利行・同事を「四摂法(ししょうぼう)」といいます。菩提心を達成するためには、この四摂法の実践をおいて他にありません。お釈迦さまの四つの智慧で、苦しむ人々をこちらに引き寄せて、決して見捨てることなく助けるのです。すべての人々が四摂法によって、苦しみから解放されます。まことにありがたい功徳です。お釈迦さまとそのお智慧に深く感謝いたしましょう。

【法話】
これら四つの智慧は、人を導く立場にある者の心得、トップの資質のように見えるかもしれません。導く者と導かれる者との間にはもとから能力の差があって、導かれる者にとって四摂法は関係のない話だと思うかもしれません。しかしそうではないのです。道元禅師は「誰でも仏になれる」と言います。仏になれるかどうかは、資質や能力の差で決まるのではなく、今この瞬間に仏らしい振る舞いをしているかどうかで決まるのです。仏らしい振る舞いをしている間だけは、すでに仏です。仏のような心(考え方)を持ち、仏のような言葉を話し、仏のような行動をする。四摂法にはこれらすべてが集約されています。『修証義』の「修証」には、修行している間は、仏であることを証明して見せている、という意味が込められています。四摂法を実践している間は、あなたは仏さまです。そして「一生、仏であり続けて欲しい」という願いが込められているのです。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 06:54| Comment(0) | 現代語訳『修証義』