2016年08月25日

問い:お金の余裕がなく、水子供養ができません。

答え:毎月24日の無料の水子供養にお申し込みください。

お母さまの中には「ずっと子供の供養をしたいと思っていますが、生活に余裕がなく供養ができません」とおっしゃる方がいます。悲しい思いをされていることでしょう。お辛いこととお察しいたします。

正雲寺では毎月24日に、無料の水子供養をさせていただいております。これは、お母さま(もちろんお父さまでも結構です)のお名前を法要の中で僧侶が読み上げて、亡きお子様に親の愛情をお伝えするのが目的です。「事情があって今はお葬式を挙げられないけれど、決してあなたのことを忘れていないよ。愛しているよ」とお伝えするのです。

電話でお名前とお住まいの都道府県をお知らせください。当寺からご連絡することは一切ありませんのでご安心ください。なお、匿名や仮名はお受けできません。ご供養に隠しごとや嘘があってはならないからです。毎月24日の午前10時から行います。その時刻には、手を合わせ、頭を下げてご一緒にお祈りください。そしてもし余裕ができましたら、正雲寺にお出でいただき、お子様のお葬式を挙げてあげてください。正雲寺(福島県会津若松市と大分県由布市にあります)では、すべてを含み1万円で承っております。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
メール: mushou@shounji.or.jp
LINE ID: mushosan
ご連絡の際「ブログを見た」と
書き添えていただけると幸いです。

会津正雲寺 0242-28-1110(24時間対応します)
大分正雲寺 097-583-4433(24時間対応します)
水子供養は、福島県と大分県にある二つの正雲寺で承ります。
正雲寺の水子供養 http://shounji.or.jp/mizuko.html

タグ:水子供養
posted by むしょうさん at 05:42| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: