2016年09月15日

問い:何十年も前の水子ですが、どうすればいいでしょうか。

答え:今日を好機として、勇気を出してお子様と向き合ってください。

ある女性は「50年前に中絶した子供がいます。この事は誰にも言わずに、墓まで持っていくつもりでした。今まで、この話題に触れるのを避けてきました。子供にどう詫びていいのか分かりません。こんな私は地獄におちても仕方がないと思っています」と仏さまの前で泣いて告白されました。私は、女性が苦しみ続けた長い年月を思い、胸が詰まってしまいました。長い沈黙をはさみながら一時間ほど経ったころ、ようやく落ち着かれた様子でしたので、次のようにお話しをさせていただきました。「あなたは50年という時間をかけて、今ついに仏縁を結んだのです。もしかすると、仏さまとは無縁のまま生涯を終えたかもしれません。50年はあなたに必要な時間だったのです。この尊いご縁をもたらしてくれた方こそ、あなたのお子様です。お子様は寂しさに耐えながら、あなたの機が熟すのを50年も待ってくださったのです。これほどの親孝行があるでしょうか。あなたは自分で地獄におちるとおっしゃっていますが、お子様は無垢の愛であなたが地獄におちないように一生懸命に導こうとしているとは思いませんか。どうか、そのお子様の愛に応えてあげてください」と。女性はうつむいたままでしたが、確かにうなずいてくれました。

お子様の愛に応えるには、心からの懺悔(さんげ)とご供養が必要です。この二つが合わさったものがお葬式とお考えください。お葬式というと、形式張ったものを想像する方もおられるでしょうが、大切なのはそこではありません。お葬式によって、お子様とお母さまの両者は、大きな心の平安を得ることができます。今まで正常とは言えなかった二人の関係が、本来の「慈母と愛児」の関係に戻るのです。お子様の存在は、お母さまにとっての「悲しみの種」から「幸せの種」へと変わります。避け続けてきた存在が、「この子なくして私の幸せはない」とまで思わせる存在となるのです。生きていれば、当たり前の親子関係です。母は子を愛し、子は母を慕います。優しくて寛容な関係を再び築くこと、これがお葬式の大切な意味なのです。

水子ちゃんのことでお悩みの方は、いつでもご連絡ください。なんでもお話しください。ご相談は無料です。

会津正雲寺副住職 無聖(むしょう)

会津正雲寺 0242-28-1110(24時間対応します)
大分正雲寺 097-583-4433(24時間対応します)
水子供養は、福島県と大分県にある二つの正雲寺で承ります。
正雲寺の水子供養 http://shounji.or.jp/mizuko.html

タグ:水子供養
posted by むしょうさん at 07:57| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: