2016年10月11日

『修証義』 第13節

「しゅしょうぎ」は、道元(どうげん:1200−1253)禅師のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめて「仏さまの教えとは何か」を解説しています。
皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文形の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業はわたくしのライフワークになりつつあります。わたくしの等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いに存じます。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
http://shounji.or.jp


【第13節 現代語訳】
三宝に帰依するとは、信心を清らかに保ちながら合掌し頭を下げて、声に出して次のように唱えることです。「南無帰依仏(なむきえぶつ)、南無帰依法(なむきえほう)、南無帰依僧(なむきえそう)」と。仏(お釈迦様)は、たくさんの師の中でも第一の師であるから帰依するのです。法は、人間の苦しみを癒やす良薬であるから帰依するのです。僧は、ともに切磋琢磨し助け合えるすぐれた仲間であるから帰依するのです。仏弟子になるためには、必ず三宝に帰依しなければなりません。そしてこれを戒律として師から授からなければなりません。これを「三帰戒」といいます。他の戒律を授かるにしても、必ず「三帰戒」を授かるのが先です。なぜなら「三帰戒」の持つ目に見えない力があなたを助けてくれるからです。このお助けによって他の戒律を実践することができるのです。

【用語解説】 三宝(さんぼう)に帰依(きえ)する
三宝とは、仏教における三つの宝です。お釈迦様ご本人と、お釈迦様の説く教えと、その教えを守り継ぐ仏弟子のことです。これを「仏法僧(ぶっぽうそう)」と言います。帰依とは、必ずしも特定教団への入信を意味するのではなく、心から敬いこれを生涯の頼りとすることを言います。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 06:20| Comment(0) | 現代語訳『修証義』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: