2016年10月19日

『修証義』 第14節

「しゅしょうぎ」は、道元(どうげん:1200−1253)禅師のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめて「仏さまの教えとは何か」を解説しています。
皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文形の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業はわたくしのライフワークになりつつあります。わたくしの等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いに存じます。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
http://shounji.or.jp


【第14節 現代語訳】
三帰戒の持つ目に見えない力は、あなたと仏さまの心が響き合ったときに発揮されます。たとえどんな苦境にあっても、仏さまと心を響き合わすことはできます。それには、仏さまと、その教えと、教えを守り継ぐ仏弟子を深く信じ敬うことです。このようにして三宝に帰依したからには、あなたの行為はすべてが最高の智慧(さとり)を得るための功徳となります。胆に銘じておきなさい。三宝に帰依するとは、スタートと同時にゴールを得るようなものなのです。三帰戒は本当に不思議な力を秘めています。このことは、仏さまが身をもってお示しです。あなたはただこれを信じて受け入れればよいのです。

【用語解説】 三宝(さんぼう)に帰依(きえ)する
三宝とは、仏教における三つの宝です。お釈迦様ご本人と、お釈迦様の説く教えと、その教えを守り継ぐ仏弟子(僧侶)のことです。これを「仏法僧(ぶっぽうそう)」と言います。帰依とは、必ずしも特定教団への入信を意味するのではなく、心から敬いこれを生涯の頼りとすることを言います。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 06:46| Comment(0) | 現代語訳『修証義』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。