2016年10月25日

短い命

お寺では毎日、多くの命と向き合います。様々な命を目前にして、私は「命とは何だろう」と考えます。しかしこの問いに対して私は明確な答えを持ちません。生まれること、老いること、病気になること、死ぬこと、これらは人の力ではどうにもならない絶対の真理です。人智の及ばない大きな流れのようなものがあって、人はその流れに身を委ねるだけだと考えられています。そうであるからこそ、「命とは何か」とどれだけ考えても、答えは見つからないのでしょう。答えが見つかるとすれば、真理を真理として完全に理解した時、自らが真理と一体となった時だけなのです。

水子ちゃんをはじめ、幼い子を亡くした親の悲しみは察するに余りあります。また大切な家族だったペットを若くして亡くす悲しみも同じです。命の尊さに人も動物も違いはありません。そのような時、私たちは“短い命”についてどう考えればいいのでしょうか。

言えることはただ一つ、命は何かの理由があってこの世に生じ、また何かの理由があってこの世から滅するということです。私たちの思い計らいとは無関係に命は生じて滅します。私たちにできることは、自分の価値基準で命について長い短いなどと計らないこと、命がこの世に存在した価値を考えることです。

仮に一年間しか生きなかった命があるとします。人はその短かさを悲しむばかりで、その命の価値を見ようとはしません。神仏のおはからい(縁起とも摂理ともいいます)によって、一年間という期限付きでこの世に生じた命は、それに相応しい価値を持っているのです。私たちは可能な限り、その価値を読み解く努力をしなければなりません。一年という期限が付いているからこそ、私たちの心にしっかりと刻まれるものがあるはずだからです。それは“愛”であって欲しいと思います。一年間の命にも、私たちの一生を左右するだけの“愛”があるはずなのです。その愛を読み解いて欲しいのです。

悲しむことと一緒に、短い命が伝えようとした愛を読み解いてください。そしてその愛の価値をさらに高めるような幸福な人生を築いていただきたいと思います。「この短い命があったからこそ、私は本当の愛に目覚め幸せになることができました。私が今こうして幸せでいられるのは、この短い命のおかげです」と、あるお母様はおっしゃいました。このように胸を張って言えるようになってください。あなたが幸せになればなるほど、短い命の価値が高まるのです。一つの命が別の命を幸せへと導く。これが、命がこの世に存在する価値ではないかと私には思えます。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
メール: mushou@shounji.or.jp
LINE ID: mushosan
ご連絡の際「ブログを見た」と
書き添えていただけると幸いです。

posted by むしょうさん at 08:13| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。