2016年11月05日

『修証義』 第15節

「しゅしょうぎ」は、道元(どうげん:1200−1253)禅師のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめて「仏さまの教えとは何か」を解説しています。
皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文形の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業はわたくしのライフワークになりつつあります。わたくしの等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いに存じます。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
http://shounji.or.jp


【第15節 現代語訳】
「三帰戒」を受戒した後は「三聚浄戒(さんじゅじょうかい)」を受戒しなさい。三聚浄戒とは、三つの清らかな戒律のことです。

一、悪いことをしない。
二、善いことをする。
三、人の役に立つことをする。

いずれも行いだけでなく、心と言葉でも守らなければなりません。三聚浄戒を受戒したら、次に「十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)」を受戒しなさい。十重禁戒とは、十の重い悪事を禁じる戒律のことです。

一、殺さない。
二、盗まない。
三、邪な愛欲をもたない。
四、嘘を言わない。
五、酒や薬物に近づかない。
六、人の過ちを責めない。
七、自慢話をしない。人を批判しない。
八、物惜しみしない。
九、怒らない。
十、三宝を疑わない。

以上の「三帰戒」と「三聚浄戒」と「十重禁戒」の十六ヶ条の戒律は、お釈迦様の時代から人々がずっと守り継いできたものなのです。

【ミニ法話】
十の戒律の内、実に四つまでもが言葉に関する戒律であることにお気づきでしょうか。「嘘を言わない」・「人の過ちを責めない」・「自慢話をしない、人を批判しない」・「怒らない」の四つです。私たちは毎日何かしらの罪を犯して、それによって苦しんだり悲しんだりします。その原因の四割は、私たちの言葉にあるのです。「そのような言葉を口にしないためにはどうすればいいですか」との弟子の問いに対してお釈迦様は「常に気をつけていなさい」とだけ答えました。つまりそれは、相手の言葉にすぐに反応しないで少し考えてからゆっくり答えるということです。この慎重な態度は、あなたの言葉の数を減らすことでしょう。会話の空白を無理に埋めようとせず、にっこり微笑んで沈黙することも大切なのです。
タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 11:43| Comment(0) | 現代語訳『修証義』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。