2016年11月27日

友よ


遠方より友が訪ねて来ました。曲がったことが嫌いで、道義にもとる行為に対しては、我が身の不利益を顧みずに断固として抗議するような人です。質素な人で、着る服にも食べる糧にもほとんど執着しません。ひとたび災害が起これば、今日は岩手、明日は熊本とボランティア活動に明け暮れます。どうしてそこまで人に優しいのかと疑念を抱きたくなるのは、ひとえに私の不徳から来る嫉(ねた)みゆえかもしれません。お恥ずかしい限りです。彼はその実直さのために社会に馴染めず、不遇の生活を送っています。経済的にも楽ではないでしょう。私は、彼が幸せになってほしいと願い偉そうに説法をしましたが、彼の去った後には、失礼ながら不相応とも思える額のお布施と、冷蔵庫いっぱいの食料品が残されていました。一人暮らしの私の健康を気遣って黙って置いていったのでした。いったいどちらが仏法を説くに値する人間なのか分からなくなります。

私は君のような友を持って幸せです。君は「自分はまだまだです」などと言って卑下したが、その優しさで十分です。「真実の愛は痛みをともなう」という聖書の話を二人でしたね。私は君にその実践を見たし、十分に心動かされました。君は私を慕ってくれているようだが、見習っているのは私のほうです。疲れたら、いつでも心を休めに来てください。待っています。

無聖(むしょう)
http://shounji.or.jp

posted by むしょうさん at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。