2017年01月05日

問い:人生で一番苦しいことは何ですか。

答え:それは耐えることです。

お釈迦様は「耐えることは最大の苦行である」とおっしゃっています。私たちが耐える痛みの中には、肉体的なものや精神的なものがありますが、多くは私たち自身にその原因があります。しかしこれとは違って、他人に起因する痛みもあります。あなたの大切な人が他人によって蔑(さげす)まされたり、傷つけられたりした時に感じる痛みがそうです。時には自分が受けた以上に痛みを感じることがあります。私は子供の頃、友達に「お前の母ちゃん、でーべーそ」と言われて、顔を真っ赤にして怒ったことがあります。きっと皆さんも似た経験をお持ちでしょう。これは可愛らしい例ですが、子供の頃のこうした感情は、大人になってもなくなりません。人間には、大切なものを守ろうとする“保護本能”があるからです。保護本能は、その人に自制する力がない時には、憎しみや怒りに火を点けて収拾のつかない争いへと発展することがあります。だからこそ、どのような理由があっても、人が大切にしているものを蔑(さげす)んだり傷つけてはならないのです。

しかし現実には、傷つける人は多く、傷つけられることはまことに多いのです。お釈迦様は、目の前で自分の一族が虐殺されるという経験をなさいました。その悲しみ、怒りはどれほどだったでしょう。お釈迦様はそれでも耐えられました。「怨みを捨ててこそ、怨みは止む」という真理の言葉をご自分の血肉とするまで、どれほど苦しまれたことでしょう。そんなお釈迦様だからこそ「耐えることは最大の苦行である」とおっしゃったのだと思います。

仏教は、殻に閉じこもって一人で悶々と耐えるのではなく、人に優しい言葉をかけたり、人の為になることを積極的にしながら、善い生活習慣の中で耐え続けなさいと説きます。ただ耐えるだけではなく、間違った方向へ向かわないように、それ以上の努力を求めているのです。これを“精進”と呼び、この精進の先に本当の幸せがあると教えます。人から見れば“泣き寝入り”と映ったり、“弱腰”に見えるかもしれません。しかし心の内では、「悪心に染まらないように注意深く自制しながら耐える」という非常に困難なことに挑んでいるのです。真の勇者でなければできないことです。

すべての人が勇者であってほしいと思います。しかし人は弱くて脆(もろ)いのです。勇者がいつも勇敢とは限りません。耐え続ける内に、ひねくれたり、離反したり、復讐心を持つこともあります。人が大切にしているものは、物であれ、人であれ、信仰であれ、誇りであれ、尊厳であれ、決して傷つけてはなりません。

posted by むしょうさん at 11:30| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。