2017年01月17日

問い:やりたい仕事が見つかりません。

答え:仕事の中味より、もっと大切なことがあります。

時々、高校生から相談を受けることがあります。2年生にもなると、急に大学受験や職業訓練といった選択を大人たちから迫られて、これまでの人生で経験したことのない緊張感を味わうようです。これも心を強くする試練の一つなわけで、「大いに悩みなさい」などと助言にもならない助言をするわけですが、内心では「こんな大きな選択を迫られて気の毒なことだ」と同情したくなります。自分が高校生だった頃の情けない姿はすっかり棚にあげて、とりすまして説教する自分を可笑しく思います。それでもわざわざ来てくれたのですから、少しは励みになることをと願い、次の言葉を贈っています。

「人生で大切なのは、どんな仕事をするかじゃない。どれほど人に必要とされるかだよ」 萩本欽一(きんちゃん)

「大きな事業を成し遂げたいとは思いません。私の関心は、小さなことにどれだけの愛を注げるかです」 マザーテレサ

さすが、きんちゃんですね。ひとかどの人物の言葉です。おそらくは、お釈迦さまも同じことをおっしゃるのではないでしょうか。人生には希望どおりに行かないことがたくさんあります。自分では望んでいない仕事、立場にあることもあります。しかしそんな時でも心を支えてくれるのは、「私は必要とされている」という思いです。極端な言い方かもしれませんが、どんな仕事でも良いのです。その場所、その環境で、人から必要とされる人になってください。

そして、人に「あなたが必要です」と言ってもらえるようになる秘訣は、マザーテレサがおっしゃるように、小さなことにどれだけあなたの真心を込められるかです。たとえあなたが望まない仕事でも、文句を言わずにニコニコしてやり遂げられるかです。その姿は人に安心を与えます。そしてそれは、遅かれ早かれ、あなたへの信頼に変わります。気が付けば、あなたは特別な存在となっているのです。

若いあなたには、まだピンとこないかもしれませんね。でもこれは、多くの大人たちが皆同じように実感していることです。今、難しい選択を迫られたあなたが間違った判断をしたとしても、本当はそれほど大したことではないのです。少しも深刻ではありません。挫折をしたり、遠回りをしたとしてもまったく問題ありません。しかしどんなに最低な状況でも、「必要とされる人」になる努力は続けてください。お父さんとお母さんに必要とされる自分であってください。兄弟姉妹に必要とされる自分であってください。友だちに必要とされる自分であってください。そのための努力を続けてください。

こんな話ができるのも、私自身が実感しているからです。私はお坊さんになるまでに、たくさんの遠回りをしてきました。間違った選択もしました。今でも「お坊さん」を名乗る資格があるのかと自問します。それでも私が楽しく生きていられるのは、「人に必要とされている」と実感があるからです。これさえあれば、他には何もいらないとさえ思えます。それほど大切なものなのです。

これが私の「贈る言葉」です。やりたくない仕事の中でも、人から必要とされる自分になることはできます。やりたくなかった仕事なのに、気が付けば好きになっていることもあります。不思議なことですが、これが人生の醍醐味というものでしょう。人生の機微をご存知の大人の皆さま、子供たちをあまり追いつめないでください。進学させること、手に職をつけさせることも大切ですが、もっと大切なのは「どうすれば幸せを実感しながら生きていけるか」について、子供たちに本当のことを伝えることです。「子供だから」と軽んじないで、本当のことを真正面から伝えてください。そして「どんなに失敗しても、それをプラスに変えられる力があなたにはちゃんと備わっているんだよ」と信じさせてあげてください。

posted by むしょうさん at 11:02| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。