2017年01月23日

問い:どうしても汚い言葉を吐いてしまいます。

答え:手を合わせて祈ってみましょう。

私たちの人生には、苦しいこと、悲しいこと、腹の立つことがたくさんあります。その一つ一つは、「私」という人間を強く鍛(きた)えあげる試練でもあります。しかし、そのように前向きに考えられず、原因を作った人に対して怒りに打ち震え、怨(うら)みの心をつのらせることもあるでしょう。人は「善良であろう」「美しくあろう」と願っても、思い通りにならない時もあります。そうした自分の心の弱さに光を当てられる人でありたいと思います。そして、怒りや怨みを言葉にするのではなく、微笑みを返せる人でありたいと思います。起きてしまった試練を無かったことにすることはできません。相手の仕打ちを怨み、不運を嘆いても、「私」が幸せになるわけではないのです。このような時、私は、試練を試練として受け入れられず、嘆くばかりの自分のことを「私は弱い人間です。乗り越える力がありません」と認た上で、「怨みの言葉ではなく、微笑みだけを返せる力を私にお授けください」と仏さまに繰り返し祈り求めます。祈りには不思議な力があります。自分の頭で考えることは大切です。しかし時には神仏に祈り、身をゆだねることも大切です。目には見えないものの中にも真実があることを忘れないでください。

posted by むしょうさん at 10:12| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。