2017年03月23日

『修証義』 第19節


「しゅしょうぎ」は、道元禅師(1200−1253)のお言葉を集めて作られた曹洞宗の基本聖典です。仏教の要点を全31節にまとめて、仏さまの教えを優しく解説しています。皆さまに仏教とのご縁を深めていただきたいと願い、古文形の『修証義』を現代語に翻訳しました。卒業論文で初めて試みて以来、この作業は私のライフワークになりつつあります。私の等身大の『修証義』としてご覧いただければ幸いです。

【現代語訳】
菩提心を心に抱いたなら、たとえ子供であっても善き教師です。お釈迦様と同じ人類の師です。年齢や性別で差別をしてはいけません。ただ菩提心を起こしているか否かの区別があるだけです。これは仏教の大原則です。

【ミニ法話】
菩提心とは、自分の利益よりも人の利益を優先するということです。自分の楽しみや喜びは、ひとまず後回しにして、人の楽しみや喜びのために努力することを言います。この心を持った人なら、その人は私たちを幸せへと導いてくれる尊い人です。子供だから、弱いから、愚かだから、と言って決して軽んじてはいけません。菩提心を持つとは、それほど重大なことなのです。「区別」はあっても「差別」を決して許さないのが仏教です。

タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 10:05| Comment(0) | 現代語訳『修証義』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。