2017年11月06日

八正道 その二【正思惟】

八正道(はっしょうどう)は、お釈迦様が説いた「苦しみを止滅させるための八つの方法」です。「正しい道」とは、本来「さとりの智慧を得る方法」という意味ですが、今は「他人を幸せへと導く方法」と理解する方が分かりやすいかもしれません。利他の生き方こそ、苦しみから解放されて自らを利する生き方だからです。正しくあるためには「自分の思い通りにしたい」という自己中心的な考えや態度、つまりエゴを減らす努力が大切だと最初の【正見】で教えています。


【正思惟(しょうしゆい)】〜正しく決意する〜
私たちは「原因があって、結果がある」という因果の法則の中で生きています。何もないところから突如として結果が現れることはありません。「幸せになりたい」と最初に思うからこそ、幸せになる努力を惜しまず、結果として幸せを手に入れるのです。もしあなたが苦しみのない人生を望むなら、その結果へと導く原因を最初に作らなければなりません。それが「正しい決意」です。では、何を決意するのでしょう。苦しみを生むのはいつもエゴです。自分の幸せだけを優先して、他人の幸せには無関心なのがエゴです。だから今の苦しみがあるのです。それならば、これと反対のことをすれば苦しみはなくなります。つまり「自分の幸せを後回しにして、他人の幸せに関心を寄せる」ということです。これが正しい決意です。

posted by むしょうさん at 13:49| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。