2017年10月28日

八正道 その一【正見】

八正道(はっしょうどう)は、お釈迦様が最初期に説いた「苦しみを止滅させるための八つの方法」です。「正しい道」とは、本来「さとりの智慧を得る方法」という意味ですが、今は「他人を幸せへと導く方法」と理解する方が分かりやすいかと思います。利他の生き方こそ、苦しみから解放されて自らを利する生き方なのです。正しくあるためには「自分の思い通りにしたい」という自己中心的な考えや態度、つまりエゴを減らす努力が大切だと【正見】は教えています。すべては【正見】から始まります。

【正見(しょうけん)】〜正しく見る〜
苦しい時は、その苦しみの原因を正しく見ます。すべての苦しみは「自分の思い通りにしたいのに、そうはならない」ことへの怒りの心から生じます。つまり、自己中心的な欲求が原因です。苦しみが生じたとき、それを引き起こしているのは自分自身だと冷静に観察するのです。しかし、例えば、大切な人を病気で亡くした時に抱く苦しみは、自分で引き起こした苦しみと言えるでしょうか。一見すると、原因を作ったのは病気であり、自分ではないと思うかもしれません。しかし、これも、よく観察すれば分かることです。病気が原因であることに間違いはありませんが、もっと直接の原因は「いつまでも側にいて欲しかったのに、そうはならなかった」という失望です。そしてこの失望もエゴの一つなのです。私たちは、外に原因を探すことに慣れすぎていて、最も身近な自分の心を観察できていないのです。正見とは、苦しみが生じたときに、その根本の原因は自分のエゴにあると観察することです。

posted by むしょうさん at 10:01| Comment(0) | 人生相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。