2018年11月04日

トモちゃん

正雲寺に新しい仲間が増えました。2018年7月20日、炎天下の境内でのこと。愛犬センが突然興奮気味に吠えはじめました。びっくりして吠えている方向を見ると、50メートルほど先の車の下でコソコソと動く影があります。私は何だろうと思いそっと近づきました。すると、そこには全身の毛を立てて「シャー」と威嚇しながらこちらをにらむ子猫がいました。私の手のひらに乗るほどの小さな命です。とてもおびえていました。

私たちは、長年一緒だった猫のゆふちゃんを亡くしたばかりで、お寺に猫がいないのを寂しく思っていました。動物愛護センターの保護猫を譲り受けようか、それとも猫好きの知人に声をかけようか、などと話し合っていたのですが、「やっぱりご縁に任せて、お寺に(野良)猫がやって来るのを待とう」ということになりました。しかし、それがいつになるのか分かりません。

そんな時にこの子猫が現れました。推定年齢2ヶ月。私はとっさに素手で捕まえようしましたが、子猫の素早さに追いつきません。どうしようかと悩んでいたところ、近くにいた子供達が「どうしたの?」と声をかけてくれました。そこで子供達と作戦を立て、全員で子猫を取り囲もうということになりました。幸い子猫は体力がないらしく、10メートルほど逃げるとすぐにうずくまってしまいます。その時がチャンスです。私は虫取り網を持ち、子供達が逃げ道を塞ぐのを待ってから静かにゆっくりと近づきます。「大丈夫、怖がらなくていいよ。友達だからね。友達、友達」と何度も言いながら近づきます。一度素手で捕まえたのですが、すり抜けてしまいました。今度は絶対に逃がすまいとゆっくりゆっくりです。私は無意識に「トモちゃん」と呼んでいました。友達だからトモというわけです。あと20センチ、10センチ。子猫は先ほどとは違って逃げようとしません。それどころか「トモちゃん」と呼ぶたびに小さく「ミー」と答えます。こうして子猫は無事に保護され、名前も「トモ」になったのです。

E784C207-5CF6-4AFE-8D6F-0A81B06CE6A8.jpeg

こんなことがあるのでしょうか。ゆふちゃんが亡くなって、次に「ご縁に任せよう」と決めて、それからセンちゃんが知らせてくれて、私が子猫の存在に気づいて、人手が必要な時に子供達がいて…。そうやっていくつものご縁に支えられてトモはやって来ました。偶然ではない大きな力が働いているように思えてなりません。トモの命を、ゆふちゃんが、センちゃんが、そして子供達が支えたのです。命は互いにつながっているのですね。

やんちゃな子猫のこと、それからが大変です。現在トモは6ヶ月。私の部屋で怪獣のように暴れています。静かだった私の生活は一変。トモに振り回される毎日です。もちろん、楽しくて幸せな日々です。寺猫トモちゃんの様子はツイッターでも時々お知らせしています。よろしければご覧ください。

むしょうのツイッター
https://mobile.twitter.com/mushosan

posted by むしょうさん at 12:49| Comment(0) | 日記

2018年05月07日

小さな奇跡

お寺では毎日、何かしら嬉しいことが起きます。普通では考えられないほど頻繁に起きるので、私たちは「小さな奇跡」と呼んでいます。なぜだろうと考えていると、一つの答えが頭に浮かびました。それは、お寺に集まる人々の話す言葉や行いが「素直さ」から出ているということです。仏様の前では誰でも素直になります。嘘を言ったり、我を張る人はいません。その素直さが、本人だけではなく、私たちをも嬉しい気持ちにしてくれます。

お寺には、悲しむ人、苦しむ人、怒る人も集まります。暗い雰囲気になっても不思議ではないのに、そうはならないのは、皆さんが素直に心を打ち明けるからです。重苦しい話でも、どこかに清々しさが残るのは、素直さが根底にあるからです。「お寺は気持ちがいいですね」と誰もが言います。それは、素直な自分になれるから。そして、素直な自分であることが嬉しいからだと思います。

posted by むしょうさん at 07:41| Comment(0) | 日記

2018年01月17日

シャンちゃん

D4EA6BE3-07BF-4422-B6F6-BC359F474090.jpeg

シャンは大分別院の看板娘です。保健所で処分される寸前にお寺にやって来ました。この世から消えていても不思議ではなかった命です。その命が今、お寺に安らぎと平和をもたらし、私たちを支えてくれています。命の重みを教えてくれるシャン子さんです。いつまでも長生きしてね。

posted by むしょうさん at 09:10| Comment(0) | 日記

2018年01月01日

新年あけましておめでとうございます

IMG_0845.jpg


新年あけましておめでとうございます。

今年がどなた様にとりましても

幸せ多い一年となりますよう、

心からお祈り申し上げます。

合掌


正雲寺 僧侶一同



posted by むしょうさん at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年12月01日

めいちゃん

0AED94E9-FF9A-4A63-9FF3-8DA656364B52.jpeg

大分別院でひっそりと暮らすめい(命)ちゃん。とてもシャイな性格で、部屋からは決して出ようとしません。机で作業をしていると、小さな顔をスリスリ寄せてきます。「ミャ〜」と自己主張することはなく、ただ控えめに「ミン」となきます。古参和尚の良き友です。
posted by むしょうさん at 16:49| Comment(0) | 日記

2017年11月02日

ゆふちゃん

IMG_0789.JPG

会津本山にいるただ一匹の猫、ゆふちゃんです。ゆふちゃんは人見知りで出不精。奥の部屋でひっそりと気ままに暮らしています。時々、仏殿を一回りして、小さな声で「ニャン」。しかし天井裏のネズミを撃退するほどの迫力は全然ないのでした(泣)。今日も一日ストーブの上でリラ〜ックス。
posted by むしょうさん at 09:49| Comment(0) | 日記

2017年10月07日

ドンちゃんとサンちゃん


IMG_0727.HEIC (1).jpg

会津本山には、屋外のワンコの他に、室内にもワンコとニャンコがいます。奥のミニチュアダックスが「サンちゃん」で、手前のマルチーズが「ドンちゃん」です。正雲寺のアイドル犬です。でも本人たちは「お坊さんたちをしっかり守る!」という重大な任務を負って、日々家の中をトコトコパトロールしています。めんこい二人です。

posted by むしょうさん at 14:08| Comment(0) | 日記

2017年08月31日

圧巻!一切経版木6万枚

IMG_0699.JPG

京都に行ってきました。京都での楽しみは、お気に入りのお寺を訪れること。今回は、宇治にある黄檗山(おうばくさん)宝蔵院(ほうぞういん)です。ここは一切経の版木6万枚が収蔵されていることで有名です。仏教の教えのすべてを総称して「一切経」と呼んでいます。「一切経」という名の単独のお経があるわけではありません。『般若心経』も『法華経』も『華厳経』も『涅槃経』も「浄土三部経」もすべて「一切経」に含まれています。日本のすべての仏教宗派が読むお経がここにあるのです。

1669年、鉄眼(てつげん)禅師というお坊さまが、仏教国日本に「一切経」がないのを残念に思い、自ら発願し、版木の製作に取りかかりました。9年の歳月を要して完成させたのが、この、うずたかく積まれた版木たちです。これらは重要文化財ですが、驚いたことに、現在でも職人の手で刷られ、お経本として販売されています。

私たち僧侶にとっては「人生のすべて」とも言える一切経です。ですが、一生をかけても読破することはできないでしょう。教えを学び尽くせないのなら、せめて謙虚でありたいと思います。

一切経は、インターネットで全文を読むことができます。
ものすごいことですね。
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-bdk-sat2.php


タグ:お経を読む
posted by むしょうさん at 18:04| Comment(0) | 日記

2017年06月12日

正雲寺のカエルたち

G0000465.jpg

正雲寺のアオガエルたちは、今年も元気に活動再開です。「きれいな姿だな〜」って思います。お寺は殺生禁止の聖域ですから、彼らものびのびと生活しているんでしょうね。これから夏に向けて、多くの野生動物たちが集まってくることでしょう。楽しみです。写真をクリックして拡大して見てくださいね。

posted by むしょうさん at 08:27| Comment(0) | 日記

2017年02月01日

シロちゃん


DSCF9751 (2016_12_22 14_41_25 UTC).jpg

シロちゃんとセンちゃんは夫婦です。ラブ・ワカ・マツは二人の子供です。シロちゃんはお父さんなのに、奥さんや子どもたちに押され気味。小屋の隅で大人しくしています。時々、自分のしっぽを追いかけてクルクル回ったりして、可愛いけれど、ちょっと切ないシロちゃんです。いつまでも長生きしてね、シロ。
posted by むしょうさん at 00:00| Comment(0) | 日記