2018年06月20日

LINE で悩み相談


***** LINEで受付中 *****

LINE のみです。
音声通話は毎日19時から21時まで受付。
私一人で対応していますので、他の方との
相談中はお受けできません。

文字トークは先着順でお応えします。
一人一人としっかり向き合いたいので、
返信までに時間がかかることがあります。

経験上、文字トークよりも
音声通話で話し合う方が何倍もお互いを
理解し合えます。話し下手でも大丈夫です。
勇気を出して通話してみてください。
最初に名前だけは教えてくださいね。
名前で呼び合いましょう。

私は修行中の僧侶です。
できないこともたくさんあります。
答えはすぐに見つからないかもしれませんが、
あなたと一緒に考えたいと思っています。

私のLINE IDは、mushosan です。
このIDで「友だち検索」してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絶対に自殺をしてはいけません。
あなたが生きていてくれるから、
別の誰かも生きていられるのです。
でも、そのことに誰も気が付きません。
みんな自分のことで精一杯だからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

posted by むしょうさん at 12:21| Comment(0) | お知らせ

2018年03月09日

東日本大震災物故者追善法要のお知らせ

日時:2018年3月11日(日曜日)、午後2時30分より
場所:正雲寺仏殿(会津本山・大分別院とも同時に開催)
内容:2時46分に合わせて黙祷、読経供養、ご焼香
費用:無料

どなた様でもご参列いただけます。お申し込みは不要です。当日、午後2時30分までに仏殿にお集まりください。

posted by むしょうさん at 10:49| Comment(0) | お知らせ

2017年07月31日

読者の皆さまへ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。先日、励ましのメールを頂戴しました。とてもありがたく読ませていただきました。メールの中で「新しい記事を楽しみにしています」と仰ってくださっているのに、私は最近、新しい記事を出せずにいます。

書きかけの記事はあるのですが、なかなか筆が進みません。それは、書いても書いても結局ボツにしてしまうからです。皆さまから寄せられるお悩みがより深刻化しているからではないかと思います。このブログは、実際にご相談があった内容をもとにしております。その時、私がお答えした内容に、「仏教ではどう考えるのか」という説明を加えて公開しています。ご相談が深刻であればあるほど、この作業が難しくなるのです。公開するからには、私見ではなく「正しい教え」をお伝えしたいと思っております。お待たせして申しわけありませんが、少々お時間をいただければと思います。

このブログとは違い、気軽な思いで日常を綴ったツイッターも公開しています。ブログが更新されるまでの間、こちらもご覧いただければ幸いです。

Twitter「むしょうさん」
https://twitter.com/mushosan

posted by むしょうさん at 11:54| Comment(0) | お知らせ

2017年06月19日

ツイッター始めました

正雲寺のこと、プライベートなことなどをツイートします。ホームページやブログとは違って、もっともっと気楽な感じでつぶやいていきます。昨日始めたばかりです。ぜひぜひフォローをお願いします!
https://twitter.com/mushosan


posted by むしょうさん at 08:42| Comment(0) | お知らせ

2017年05月18日

日曜坐禅のご案内

2017年の日曜坐禅は、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想を行います。聞き慣れない方もいらっしゃることでしょう。これはお釈迦様の時代から実践されている仏教伝統の瞑想法です。難しいことは何もありませんのでご安心ください。前半は座る瞑想(サマタ瞑想)です。座りながらある文章を読み続けることで気持ちを落ち着かせます。後半は立つ瞑想(ヴィパッサナー瞑想)です。立つこと自体を一つ一つ自分で実況中継します。自分の動作にだけ集中して、他の雑念を取り払います。実際に、それが皆さまの心にどのように作用するかは、体験してのお楽しみです!

次回開催は、6月11日です。6月から12月までの毎月第2日曜日、午前9時30分より正雲寺会津本山の坐禅堂にて開催いたします。参加費は500円。小学生以下のお子様は無料です。

ご予約は、
0242-28-1110
info@shounji.or.jp
までお願いいたします。

posted by むしょうさん at 12:21| Comment(0) | お知らせ

2017年04月18日

正雲寺で働きたい方へ


正雲寺には、ご自分のお仕事の合間に、お寺の仕事を手伝ってくださる方々がいらっしゃいます。皆さま、ご奉仕の心と笑顔で働いてくださいます。私どもはいつも頭の下がる思いです。これらの方々とは別に、身も心も仏道に置いて、心を修練したいという方もいらっしゃることでしょう。そのような方にも広く門戸を開きたいと思います。勤務地は、福島県会津若松市か大分県由布市です。詳しいことは実際にお目にかかって取り決めたいと思いますが、さしずめ以下のことを最初の条件とさせていただきます。

@ 年齢は40歳くらいまでの方。
A 将来的に出家をお考えの方。
  性別は問いません。女性の方も歓迎いたします。
B 人の役に立ちたいという心を持っている方。
C 人に優しくできる方。
D わがままを言わない方。
E お掃除や草花の手入れができる方。
F パソコンを使える方
G 自動車免許をお持ちの方。

ご希望の方は、まず顔写真入りの履歴書を会津本山にお送りください。書類選考の後、お話をよくうかがった上で決定いたします。

【履歴書送付先】
〒965-0815 福島県会津若松市東山町湯川角仏沢643
封書に「履歴書在中」と明記の上、ご送付ください。

posted by むしょうさん at 12:52| Comment(0) | お知らせ

2017年01月09日

ご祈願のすすめ


正雲寺では、年の初めのご祈願を承っております。家内安全・商売繁昌・無病息災・合格祈願など、様々な願い事がございます。しかし「幸せになりたい」という点では皆様同じです。中には、すべてが仏様だのみ、「果報は寝て待て」と決め込んでいる方もいらっしゃるようです。確かに仏様は私たちの声を漏らさず聴いてくださいますが、だからと言って、何もしなくてもいいということではありません。

ご祈願に際しては、仏様に向かって、心の中でご自分の決意をお話しください。「私は今日ここで、○○○することを誓います。この決意が揺らがないように、どうぞお守りください」とお話しするのです。仏様は、あなたの決意が固いことを見届けてから応援をしてくださいます。仏様の応援のことを「冥助(みょうじょ)」と言います。目には見えないけれど、何よりも頼もしい応援のことです。まずは決意を実行しましょう。必ずご冥助をいただけます。

ご祈願は一座5000円です。誰にも話せないお悩みがありましたら、ご来山の際にご相談ください。ご相談はすべて無料ですのでご安心ください。

posted by むしょうさん at 14:33| Comment(0) | お知らせ

2016年07月11日

お悩み相談 「ぼやく寺」

DSCF7933.jpg

誰もが悩みを抱えています。小さな悩みから大きな悩みまで様々です。家族にも言えないことだってあります。それでもお坊さんには話せるかもしれません。人が困ること、人が悲しむことは決してしないのがお坊さんです。安心して話してください。世間の常識ではなく、お釈迦さまの常識で物事を見れば、いつもの景色も一変します。「ぼやく寺」には、偏見も差別もありません。気軽に集えるみんなのお寺です。

ぼやく寺
http://shounji.or.jp/osirase.html#boyakuji

posted by むしょうさん at 00:00| Comment(0) | お知らせ

2016年07月09日

日曜坐禅

DSCF8367.jpg

毎月第二日曜日には「日曜坐禅」の日です。坐禅が初めてという方にも優しく丁寧に指導いたしますのでご安心ください。小学生以下のお子さんは無料ですので、ぜひ親子でチャレンジしてください。坐禅の後は、お写経をしたり、のんびりくつろいだり、お悩みのご相談も承ります。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://shounji.or.jp/osirase.html#nichiyouzazen

posted by むしょうさん at 15:22| Comment(0) | お知らせ

2016年07月08日

みんなのお寺

G0000563.jpg

ここは自然にすっぽりおおわれた山寺。コンビニも自販機もありません。携帯電話もつながりません。何もありませんが、お心休めに必要なものはぜんぶ揃っています。正雲寺はみんなのお寺です。ここに差別や偏見はありません。どうぞ安心してお出でください。

正雲寺はどの宗派にも属さない単立寺院です。特定の宗派に偏ることなく、ただひたすらお釈迦様の教えを学び実践することで460年の法灯を守り継いできました。人は誰でも幸せを願っています。仏教は「どうすれば幸せになれるか」を実践的に教えてくれます。その仏教を伝えるお寺が、特定の宗派に偏り、わざわざ入り口を狭めるようなことをしてはならないと考えます。正雲寺が「みんなのお寺」を掲げる理由です。

苦しくて悲しくて仕方がないときには、いつでもお出でください。私たちと一緒に考えましょう。仏教の智慧が必ずあなたを幸せへと導いてくれます。

http://shounji.or.jp

posted by むしょうさん at 09:52| Comment(0) | お知らせ