2017年05月10日

【死と向き合う】私の人生は何だったのでしょうか


『死と向き合う』と題して、死に直面した人々の心の声を連載します。これらの声に私たちはどう向き合って、何を答えればいいのでしょうか。死は誰にも平等に訪れます。自分自身の事として、または見送る側の家族として何ができるのかを一緒に考えて参りましょう。

この声の背景には、「自分の人生の意義が分からず虚しく感じる。意義ある人生を送れず後悔している」という嘆きがあります。死を目の前にした時、人は誰でも否応なく自分の人生を振り返ります。その時、多くの人にとって一番の気がかりは「人生の意義」です。

意義とは何でしょうか。「生きた証(あかし)」と言う人もいれば「存在価値」と表現する人もいます。いずれにせよ、一般には「生きている間に、自分は何か価値のあることをしたか」ということではないでしょうか。価値は人によって違います。ビジネスに成功してお金と社会的地位を手に入れることかもしれません。または家族や孫に恵まれることかもしれません。反対に、目に見える形では何も残せず、独りで寂しい思いをしている人もいます。

仏教では、人によって感じたり感じなかったりする価値は説きません。それらは私たちが自分の都合で勝手に作り上げたのであり、大小、高低、優劣、多少といった人との比較が前提になっています。仏教は、人と比較しない絶対的な価値だけを説きます。つまりそれは、「人間としてこの世に生まれる」ということです。

こう言うと「生まれることなんて努力とは関係ない、自分で成し遂げたとは言えない」という反論が聞えてきそうです。現世に限って言えばその通りです。しかし仏教はもっと大きな時間軸で物事を見ます。現世だけでなく、過去世にまでさかのぼって見るのです。あなたは、過去世で何かとても善いことをしたから、そのご褒美として、今こうして人間に生まれることができました。他の生き物、例えば鳥とか牛とかミミズとかに生まれていても不思議ではありませんでした。こんな例え話があります。東京タワーの上からコップ一杯の水を捨てた時、水は細かく別れて霧となり空気中に拡散します。拡散した水が再び集まって、地上に置かれたコップを元と同じように満たすことはほとんどあり得ません。これと同じで、ある人が死んで再び人間に生まれてくることは天文学的に低い確立であって、ほとんどあり得ないのです。

なぜ人間に生まれることがご褒美なのかと言えば、それは、地球上の、星の数ほどある生命の中で、人間だけが真理を学ぶことができるからです。つまり、こういうことが言えます。人生の意義とは、人間として生まれること、そして真理を学ぶこと、この二つなのです。あなたはすでに「人間として生まれる」は達成しています。残る一つ「真理を学ぶ」は、あなたの呼吸が止まる最期の瞬間までトライできることです。

真理とは「すべての命はつながっている。命は孤立することがない」です。そして、真理を学ぶとは、これが自分にとってどういう意味なのかを考えることです。命がつながるとは、互いに影響し合うこと。その中には、人は人を支え、また同時に支えられているという事実が含まれています。真理から見れば、あなたがこれまでどのように生きてきたかは関係ありません。あなたはただ生きているというだけで、すでに誰かを支えているのです。実感がありませんか?それはあなたが、目で見て肌で感じるものしか相手にしない生き方をしてきたからです。そのような窮屈なものの見方から、もっと大らかなものの見方に変えてはどうでしょうか。

人生の意義は、すべての人類に対して平等に、すでに与えられています。多くの人が、すでに達成したものと達成していないものの区別さえできないでいます。人生の意義について、遠くに答えを求めても、そこにはありません。あなたの足元にすでにあるのです。あなたは誰を支えましたか。そして誰に支えられましたか。時間をかけてゆっくりと考えてください。その答えが見つかった時、あなたの人生の意義はすべて達成されます。

ご相談は、
メール: mushou@shounji.or.jp
LINE ID: mushosan
ご連絡の際「ブログ記事〇〇を見た」と
書き添えていただけると幸いです。
posted by むしょうさん at 08:51| Comment(0) | 人生相談

2017年05月02日

問い:子供のお骨を家に置いています。このままでいいですか。


答え:それがあなたの幸せかどうかを考えてください。

お子さんを亡くしたお母さんの中には、子供のお骨をずっと自宅に安置している方がいらっしゃいます。愛しい我が子のそばにずっといたい、申し訳ない気持ちで謝り続けている、そういうお母さん達です。そのお気持ちは、母として、また人としても当然のことで尊い心だと思います。私は、お子さんのお骨を家に置いておくという行為自体は間違っていないと思います。ただ、これとは別に考えていただきたいことがあります。それは、お母さん自身の幸せについてです。

仏教には「執着(しゅうちゃく)」という言葉があります。執着とは、ああしたい、こうしたいという欲が強すぎて、その欲がかえって自分を不幸にしてしまうことです。欲は誰にもあります。ささやかな幸せを保つくらいのほどほどの欲なら良いのです。「一年に一回は家族旅行に出かけたい」とか「地味な服はやめて、明るい服を着て気分を変えたい」とかです。でも、もしこれが「一年に一回ではなく、毎週出かけたい」とか「明るい服でも、シャネルでなきゃダメ」というふうに欲が強くなってしまうと、色々と問題が起きて幸せでいられなくなります。

お母さんの、子供のお骨に対する気持ちもまた同じです。お骨のそばで生活することが、お母さんの心を和(なご)ませ幸せにしてくれるのなら、それもいいでしょう。しかしお骨への思いが強すぎて、いつまでも悲しみから抜け出せなかったり、新しい幸せをつかむ障害になっては困ります。第一、母親のそんな姿を亡くなった子供は見たくないでしょう。

もし現状が、少しでも不安だったり、重荷に感じるようなら、迷わずお骨を手放すべきです。手放すことは別れではありません。縁を切ることでもありません。お母さんとお子さんのそれぞれが新しい幸せをつかむことなのです。目に見える形ではなくても、二人の心はしっかりと結び合っているのですから、何も心配はいりません。お母さんは「この子がいるから、私は幸せになれた」と言えるようになってください。お子さんは「大好きなお母さんが幸せで嬉しい!」ときっと言ってくれるでしょう。

お骨を手放すとは、お墓に埋葬したり、お寺に納骨することです。お寺の役目は、お母さんとお子さんの二人が同じくらい幸せになってもらえるように手助けをすることです。その第一歩は、執着する心を減らすことからです。ご相談はいつでも無料で承ります。一人で悩まないで、どうぞご連絡ください。

正雲寺副住職 無聖(むしょう)
メール: mushou@shounji.or.jp
LINE ID: mushosan
ご連絡の際「ブログを見た」と
書き添えていただけると幸いです。

会津正雲寺 0242-28-1110(24時間対応します)
大分正雲寺 097-583-4433(24時間対応します)
水子供養は、福島県と大分県にある二つの正雲寺で承ります。
正雲寺の水子供養 http://shounji.or.jp/mizuko.html


タグ:水子供養
posted by むしょうさん at 09:44| Comment(0) | 人生相談

2017年04月20日

【死と向き合う】どうして私だけこんなに辛い目にあうのでしょうか?


『死と向き合う』と題して、死に直面した人々の心の声を連載します。これらの声に私たちはどう向き合って、何を答えればいいのでしょうか。死は誰にも平等に訪れます。自分自身の事として、または見送る側の家族として何ができるのかを一緒に考えて参りましょう。

人は支え合って生きています。互いに会ったこともない他人同士でさえ、有形無形に支え合って生きています。これは否定のしようのない自然の法則だと言われています。しかし私たちは、残念なことに、自分の目に見えるもの、肌で感じられるものしか認めようとしません。地球の裏側に住む人が自分と何の関わりがあるのかと、初めから疑ってかかる人に、この法則は認めがたいものです。しかし目に見えない、肌に感じないという理由で認めないのなら、まごころや思いやりも認めないことになります。「大切なものほど目に見えない」とは『星の王子さま』の一節です。目に見えないものを信じる心を持ったからといって、私たちが何か損をするでしょうか。私は例え目に見えなくても、私が誰かに支えられていること、そして誰かを支えていることを信じています。その方が幸せを実感できるからです。

なぜ自分だけが辛い思いをするのか。これは、理不尽とも思える苦しみを甘んじて受け入れるだけの意義が見つからないからです。いったん生じた苦しみを無かったことにすることはできません。人にできるのは、苦しみを受け入れるために納得できる意義を探すことだけです。ある実話をご紹介します。ナチス支配下のアウシュビッツ強制収容所に収容されたある夫婦の話です。

別々の部屋に収容された夫婦は、二度と会うことができない、互いの生死すら分からない、明日にはガス室に送られるかもしれないという絶望的な状況にありました。夫は神に祈りました。「私が妻の苦しみの分まで背負います。ですからどうか妻を生き永らえさせて下さい」と。夫は、自分が1日苦しみに耐えることで、明日をも知れない妻の命が1日延びると信じて、それを神との契約として、収容所での苦しみに耐えたのでした。果たして妻が生き永らえたかどうかは分かりません。夫は自分の苦しみに意義を与え、そして希望と勇気を持ってガス室へ向かいました。

人は迫り来る条件を選ぶ自由を持ちません。老いることも、病気になることも、災害にあうことも、自分で選ぶ自由はないのです。しかしそれらの条件をどのような心で受け入れるかを決める自由は持っています。この夫のように、過酷な条件に対しても自分が納得できる意義を見出す自由があります。反対に過酷な条件に絶望し生きる力を失う自由もあるのです。

前述したとおり、人は支え合って生きています。あなたが辛い目にあっているのも、誰かを支えるためかもしれません。あなたが体の痛みや心の苦しみに耐えることで、あなたの大切な人の痛みや苦しみを減らすかもしれません。私は、実際に「私が苦しむ分、妻の苦しみが減ると思えば耐えられます」という言葉を死に直面した人から聞いたことがあります。それは非科学的で妄想的かもしれませんが、苦境に立つ人に確かな希望を与えたのです。仏教は「命と命は互いにつながり合い、決して孤立していない」と説きます。目にも見えず、肌にも感じませんが、自分の命が人の命に役立っていると考えることは、過酷な条件の中で見出すものとしては最善最良かもしれません。みなさんはどうお考えですか?

posted by むしょうさん at 07:44| Comment(0) | 人生相談

2017年03月04日

幸せになる方法

3日のNHKニュースの特集に「都会最後の靴磨き 真心を込め」という記事が掲載されました。東京新橋駅の路上に座り、45年間靴を磨き続けている女性(85歳)の話です。早くにご主人に先立たれ、一人で子供5人を育て上げました。並々ならぬ覚悟と言葉では言い表せないほどの苦労がありました。今でも現役で、朝10時から夜7時まで座り続けています。夏は日射しが強く、冬は寒風吹き抜ける場所で、お客は一人だけという日もあります。それでも「お母さん」と慕ってやって来る常連客もいます。仕事がうまく行かないと愚痴をこぼす人、恋愛がうまく行かないと涙を見せる人。多くの人の人生を見て来ました。その度に女性は「そうだね、そうだね」と優しくうなづきます。記事は、女性の次の言葉で終わっていました。

「私を必要としてくれるお客がいる限り、死ぬまでここに座っていたいの。私の名前は、幸子。人に幸せになって欲しい、って願いが込められていてね、それが私の幸せでもあるのよ」

私はこの言葉にとても、とても感動しました。それは、この女性が、宗教が説く真理を見事に体現しているからです。それも、お寺や教会で僧侶や神父様たちが説くよりも、はるかに大きな説得力を持ってです。真理は説きます。

「人生で大切なのは、何をするかではなく、どれほど人に必要とされるかです。そして、どれほど人を幸せにできるかです。それが結局は、あなた自身の幸せにつながるのです」

人の人生は様々です。自分をさげすむ必要もなければ、反対に威張ったりする必要もありません。お婆さんが教えてくれた二つの事を胸に秘めて黙々と生活できれば、ただそれだけで人は幸せになれるのです。本当にそれだけで。

posted by むしょうさん at 10:18| Comment(0) | 人生相談

2017年02月19日

問い:人の粗(あら)が気になって腹が立ちます。


答え:口を開かないように。

気になってしょうがないのですね。そんなあなたに「人の粗を見ないように」と言っても難しいでしょう。せめて口を開かないようにしてください。人の粗を見た後で話す言葉などろくなものはありません。即座にしっぺ返しをくらうか、後で後悔するだけです。黙ったまま、決して言葉にしないこと。あなたの中の悪い心が通り過ぎるのをじっと待つことです。お経には「人のすることしないことを見るな。自分のすることしないことを見よ」と書かれています。

posted by むしょうさん at 10:44| Comment(0) | 人生相談

2017年02月05日

バレンタインデー


「好きです」と「愛しています」とはどこが違うのでしょう。「好き」とは、相手が自分にとって好ましいかどうかという関係にかかっています。「愛する」とは、自分の好き嫌いとは関係なく、対象を「価値あるもの」と見なすことです。ですから、相手からひどい仕打ちを受けて嫌いになったとしても、その人を愛し続けることができます。これが「力としての愛」です。

もうすぐバレンタインデーですね。もしあなたがこの日、彼女(彼氏)に向かって一世一代の大勝負をするなら、このことを忘れないでください。彼女(彼氏)のうるわしい容姿や甘い言葉の奥にあるその人の本当の価値に気づいてあげてください。本当の価値を認めることができれば、容姿や言葉は取るに足らないことだと気付きます。たとえ腹が立っても、たとえ嫌になっても、「愛」が消えることはありません。目には見えない、耳には聞こえないその人の価値を見つけること。これがバレンタインデーにふさわしい愛の形です。お幸せに!

posted by むしょうさん at 15:19| Comment(0) | 人生相談

2017年01月30日

問い:死んでもいいですか?

答え:死んではいけません。

ぜったいに死んではいけません。あなたは大切な人です。自分で気付いていないだけです。本当は、あなたがいなければ困ると言う人が周りにはたくさんいるのです。しかし困ったことに、周りの人もそれに気付いていません。みんな自分のことばかり考えているから、他の人に目が向かないのです。だから今あなたが「誰にも必要とされていない」「死んでしまいたい」と思ったとしても少しも変ではありません。でも忘れないで。みんなが気付いていないからといって、あなたが大切な人ではないということではありません。あなたが大切な人というのは本当のことです。今あなたのいる環境では、たまたま本当のことが見えなくなっているだけです。今の環境から離れましょう。旅行をするのもいいことです。もし正雲寺に来られるなら、あなたが、かけがえのない大切な人であることをご説明しましょう。

あなたは自分のことを「役立たず」と思っていませんか。仮にそれが事実だとしても、それは今日までのあなたです。あなただけが「明日の私は、今日の私とは違う」と宣言できます。そして宣言した瞬間から、まったく新しい人生が始まります。死ぬ前にあなたがやれることは、まだまだたくさんあります。

posted by むしょうさん at 14:33| Comment(0) | 人生相談

2017年01月23日

問い:どうしても汚い言葉を吐いてしまいます。

答え:手を合わせて祈ってみましょう。

私たちの人生には、苦しいこと、悲しいこと、腹の立つことがたくさんあります。その一つ一つは、「私」という人間を強く鍛(きた)えあげる試練でもあります。しかし、そのように前向きに考えられず、原因を作った人に対して怒りに打ち震え、怨(うら)みの心をつのらせることもあるでしょう。人は「善良であろう」「美しくあろう」と願っても、思い通りにならない時もあります。そうした自分の心の弱さに光を当てられる人でありたいと思います。そして、怒りや怨みを言葉にするのではなく、微笑みを返せる人でありたいと思います。起きてしまった試練を無かったことにすることはできません。相手の仕打ちを怨み、不運を嘆いても、「私」が幸せになるわけではないのです。このような時、私は、試練を試練として受け入れられず、嘆くばかりの自分のことを「私は弱い人間です。乗り越える力がありません」と認た上で、「怨みの言葉ではなく、微笑みだけを返せる力を私にお授けください」と仏さまに繰り返し祈り求めます。祈りには不思議な力があります。自分の頭で考えることは大切です。しかし時には神仏に祈り、身をゆだねることも大切です。目には見えないものの中にも真実があることを忘れないでください。

posted by むしょうさん at 10:12| Comment(0) | 人生相談

2017年01月17日

問い:やりたい仕事が見つかりません。

答え:仕事の中味より、もっと大切なことがあります。

時々、高校生から相談を受けることがあります。2年生にもなると、急に大学受験や職業訓練といった選択を大人たちから迫られて、これまでの人生で経験したことのない緊張感を味わうようです。これも心を強くする試練の一つなわけで、「大いに悩みなさい」などと助言にもならない助言をするわけですが、内心では「こんな大きな選択を迫られて気の毒なことだ」と同情したくなります。自分が高校生だった頃の情けない姿はすっかり棚にあげて、とりすまして説教する自分を可笑しく思います。それでもわざわざ来てくれたのですから、少しは励みになることをと願い、次の言葉を贈っています。

「人生で大切なのは、どんな仕事をするかじゃない。どれほど人に必要とされるかだよ」 萩本欽一(きんちゃん)

「大きな事業を成し遂げたいとは思いません。私の関心は、小さなことにどれだけの愛を注げるかです」 マザーテレサ

さすが、きんちゃんですね。ひとかどの人物の言葉です。おそらくは、お釈迦さまも同じことをおっしゃるのではないでしょうか。人生には希望どおりに行かないことがたくさんあります。自分では望んでいない仕事、立場にあることもあります。しかしそんな時でも心を支えてくれるのは、「私は必要とされている」という思いです。極端な言い方かもしれませんが、どんな仕事でも良いのです。その場所、その環境で、人から必要とされる人になってください。

そして、人に「あなたが必要です」と言ってもらえるようになる秘訣は、マザーテレサがおっしゃるように、小さなことにどれだけあなたの真心を込められるかです。たとえあなたが望まない仕事でも、文句を言わずにニコニコしてやり遂げられるかです。その姿は人に安心を与えます。そしてそれは、遅かれ早かれ、あなたへの信頼に変わります。気が付けば、あなたは特別な存在となっているのです。

若いあなたには、まだピンとこないかもしれませんね。でもこれは、多くの大人たちが皆同じように実感していることです。今、難しい選択を迫られたあなたが間違った判断をしたとしても、本当はそれほど大したことではないのです。少しも深刻ではありません。挫折をしたり、遠回りをしたとしてもまったく問題ありません。しかしどんなに最低な状況でも、「必要とされる人」になる努力は続けてください。お父さんとお母さんに必要とされる自分であってください。兄弟姉妹に必要とされる自分であってください。友だちに必要とされる自分であってください。そのための努力を続けてください。

こんな話ができるのも、私自身が実感しているからです。私はお坊さんになるまでに、たくさんの遠回りをしてきました。間違った選択もしました。今でも「お坊さん」を名乗る資格があるのかと自問します。それでも私が楽しく生きていられるのは、「人に必要とされている」と実感があるからです。これさえあれば、他には何もいらないとさえ思えます。それほど大切なものなのです。

これが私の「贈る言葉」です。やりたくない仕事の中でも、人から必要とされる自分になることはできます。やりたくなかった仕事なのに、気が付けば好きになっていることもあります。不思議なことですが、これが人生の醍醐味というものでしょう。人生の機微をご存知の大人の皆さま、子供たちをあまり追いつめないでください。進学させること、手に職をつけさせることも大切ですが、もっと大切なのは「どうすれば幸せを実感しながら生きていけるか」について、子供たちに本当のことを伝えることです。「子供だから」と軽んじないで、本当のことを真正面から伝えてください。そして「どんなに失敗しても、それをプラスに変えられる力があなたにはちゃんと備わっているんだよ」と信じさせてあげてください。

posted by むしょうさん at 11:02| Comment(0) | 人生相談

2017年01月05日

問い:人生で一番苦しいことは何ですか。

答え:それは耐えることです。

お釈迦様は「耐えることは最大の苦行である」とおっしゃっています。私たちが耐える痛みの中には、肉体的なものや精神的なものがありますが、多くは私たち自身にその原因があります。しかしこれとは違って、他人に起因する痛みもあります。あなたの大切な人が他人によって蔑(さげす)まされたり、傷つけられたりした時に感じる痛みがそうです。時には自分が受けた以上に痛みを感じることがあります。私は子供の頃、友達に「お前の母ちゃん、でーべーそ」と言われて、顔を真っ赤にして怒ったことがあります。きっと皆さんも似た経験をお持ちでしょう。これは可愛らしい例ですが、子供の頃のこうした感情は、大人になってもなくなりません。人間には、大切なものを守ろうとする“保護本能”があるからです。保護本能は、その人に自制する力がない時には、憎しみや怒りに火を点けて収拾のつかない争いへと発展することがあります。だからこそ、どのような理由があっても、人が大切にしているものを蔑(さげす)んだり傷つけてはならないのです。

しかし現実には、傷つける人は多く、傷つけられることはまことに多いのです。お釈迦様は、目の前で自分の一族が虐殺されるという経験をなさいました。その悲しみ、怒りはどれほどだったでしょう。お釈迦様はそれでも耐えられました。「怨みを捨ててこそ、怨みは止む」という真理の言葉をご自分の血肉とするまで、どれほど苦しまれたことでしょう。そんなお釈迦様だからこそ「耐えることは最大の苦行である」とおっしゃったのだと思います。

仏教は、殻に閉じこもって一人で悶々と耐えるのではなく、人に優しい言葉をかけたり、人の為になることを積極的にしながら、善い生活習慣の中で耐え続けなさいと説きます。ただ耐えるだけではなく、間違った方向へ向かわないように、それ以上の努力を求めているのです。これを“精進”と呼び、この精進の先に本当の幸せがあると教えます。人から見れば“泣き寝入り”と映ったり、“弱腰”に見えるかもしれません。しかし心の内では、「悪心に染まらないように注意深く自制しながら耐える」という非常に困難なことに挑んでいるのです。真の勇者でなければできないことです。

すべての人が勇者であってほしいと思います。しかし人は弱くて脆(もろ)いのです。勇者がいつも勇敢とは限りません。耐え続ける内に、ひねくれたり、離反したり、復讐心を持つこともあります。人が大切にしているものは、物であれ、人であれ、信仰であれ、誇りであれ、尊厳であれ、決して傷つけてはなりません。

posted by むしょうさん at 11:30| Comment(0) | 人生相談